愛子さま即位は「絶望的」 皇位継承順位「維持」が確定

文/一条あやか

男系男子の減少で「皇統断絶」の危機

先の参議院選で自民党が過半数を占めたことで、たとえ多くの国民が女性天皇・女系天皇を容認していたとしても、それを達成することが極めて困難になったように思われます。

ただしあまりにも皇族の数が減りつつあり、次世代を担うのは愛子さま・眞子さま・佳子さま・悠仁さまの四名しかいません。しかもこのうち男系男子は悠仁さまお一人です。

万が一、悠仁さまに不慮の事故が起きた場合や、お妃さまが男子に恵まれなかった場合には、現行の皇室典範に則る限り、皇統の断絶を意味します。

この危機的状況を打開するためには、女性天皇や女系天皇、女性宮家を認めるなどして、皇位継承権の範囲を広げる必要があります。男系男子絶対死守派は皇籍離脱した旧宮家の復帰を主張していますが、この案は全く国民の理解を得られていません。

当然でしょう。愛子さまや眞子さま、佳子さまは、賛否両論あるとはいえ、日本国民ならば誰でも知っているほどの知名度を誇っています。どこの馬の骨(失礼)か解らない旧宮家の御子息が、ひょっこり現れて皇位を継承しても国民の理解が得られるはずがありません。

また何より「男女平等」が当たり前になった今のご時世、女性に皇位継承権がない事自体「男女差別」でしかありません。

皇室典範改正が「今」必要な理由

また一部では悠仁さまのお妃さまに男系男子が恵まれないことが決定的になった時点で、皇室典範を改正すればよいと主張する人もいます。

しかしこれは非常に危ない議論です。

というのも、悠仁さまが成人され40歳となった時に皇室典範改正となれば、その時すでに愛子さま・眞子さま・佳子さまは降嫁されている可能性が高いため、女性天皇や女系天皇すら議論できなくなってしまう可能性が高いからです。

だからといって旧宮家の男系男子を引っ張ってくればよいということにならないのは先に述べた通りです。また制度の運用がひっ迫して慌てて改正しているようでは、次の天皇になられる方の「正統性」に疑義を挟みかねません。

よって皇室典範改正は「今」する必要があります。

政府は、皇位継承順位「維持」のまま“皇室典範”改正へ

男系男子優先の立場をとる安倍首相も、さすがに皇統の危機を感じているのか、皇室典範の改正自体は賛成のようです。

しかしそれは、あくまで①秋篠宮殿下→②悠仁さま→③常陸宮殿下という皇位継承順位を守ったうえで、その次の代で女性天皇や女系天皇を認めるかどうか議論するもののようです。

読売新聞(2019年7月27日)の一面には、次のような二段構えで議論することが報じられています。

政府関係者によると、皇位の安定継承の議論は、〈1〉まず3人の男系男子が現在の順位に従って皇位継承することを明確にする〈2〉そのうえで具体的な安定継承策や皇族数の減少対策を検討する――という2段階で進める構えだ。

読売新聞(2019年7月27日)

このように二段構えにする理由は、さきに女性天皇・女系天皇の議論を始めると、愛子さまvs悠仁さまのバトルに発展してしまい、「お家騒動」になりかねないからです。

しかし、政府や国会で女性・女系天皇をめぐる議論が本格化すれば、「愛子さまと悠仁さまのどちらに天皇に即位していただきたいかという論争になりかねず、国論を二分する可能性もある」(政府高官)。政府は、皇位継承順位をめぐる議論が紛糾し、国民統合の象徴としての天皇の地位に影響を及ぼす事態になることを懸念している。

読売新聞(2019年7月27日)

確かに現在の愛子さま人気は絶大で、逆に悠仁さま(具体的には秋篠宮家)への風当たりが強まっています。この状況で、女性天皇・女系天皇の議論が始まれば、当然「愛子さまを天皇に!」という声が強くなり、国民を交えた「お家騒動」に発展するのは明らかでしょう。

わたしは「男女平等」の点から女性・女系天皇も認められて然りであると考えています。しかし次は「悠仁さま」と現行ルールで決められている以上、この順位を変動させてまで女性・女系天皇を導入することには慎重になるべきではないでしょうか?

ネットでは愛子天皇を待望する声が多数

SNS上では、今回の読売新聞報道に疑義を投げかけ、愛子さまに期待を寄せる声が圧倒的に多いです。例えば次のようなもの。

ただしあくまでこれは議論が始まる前のスクープです。憲法一条にあるように、天皇の地位は国民の総意に基づくとある以上、圧倒的多数の国民が望めば「愛子天皇」即位の可能性も大いにあるでしょう。

そしてやはり背景にあるのは小室圭さんを機縁とする秋篠宮家の信用失墜…。

皇室報道はアゲ・サゲが明確にあり、その風向きは世論に敏感に反応します。かつては雅子さまや愛子さまが激しいバッシングにあっていました。当時の不当なまでのバッシングを知っている方であれば、そのわずか数年後に「愛子さま待望論」が週刊誌に載ることなど不思議でしかないはずです。

私が心配なのは、あまりにも小室問題が巨大化して収束不可能になってしまったため、仮に眞子さまが結婚を強行され場合、秋篠宮家のサゲは今後ずっと続く可能性があることです。現在の報道からして、小室圭さんが天皇家の親戚になることに理解を示す人などいないでしょう。

皇位継承問題にまで影を落とす小室圭さん……。いつか歴史の教科書に載る日が来るのかもしれません。

11 件のコメント

  • 一説によると、首相は所謂モリ・カケ問題を平成皇后に有耶無耶にしてもらったのだと。
    だから、桜を見る会も有耶無耶にしてもらうため、 平成皇后とツルんでいるのではと?

    桜問題に関係なく、小室に問題が全て解決するまで、リッコーシの礼は延期するべきです。

  • 現行を維持するって…
    (安倍総理が)自分たちが死んだ後のことは、その時に決めてって言ってるような状況ですよね。

    直系長子の方がシンプル分かりやすく、受け入れやすいと思っている国民は多いと思う。
    子は親の背中を見て育ちます。
    親の覚悟が伝わらない環境で育った子に、現行の決まりだからと即位させる方がかわいそうだと思いませんか?
    現に秋篠宮家はそうでしょう。
    儀式の所作ですら軽んじて、隣のまねをすればいいとやってきているのですから。

    男も女も女から生まれてくる。
    女性が天皇になって、何が悪い!

  • ミテコや秋篠宮、鬼子にはもう騙されない。天皇御一家の素晴らしさはずっと変わらないのでアゲサゲにはならない。マスコミの情報操作を企むでしょうがもう無駄な抵抗です。

  • 国論を二分って・・。
    秋家を推すのは身内か利権絡みの胡散臭い輩だけ。
    まともな感覚の人なら秋家の現状を見てまともな一家とは
    思えない筈・・。
    首相官邸にメールを入れ続け宮内庁にはメール・電話を
    しています。
    リッコーシノレイまで時間がないのです。

  • 過去に女性の皇太子がいました聖武天皇と光明皇后の娘です。実際その皇太子は孝謙天皇重祚して称徳天皇になりましたので愛子内親王殿下が皇太子となって構わないと思います

  • やっぱりね この国はなんにも変りゃしない
    頭カチカチのおじ様がたは例にそってやることが楽なのよ 避難されてああだこうだ協議するのが面倒なのよ 宮内庁も今までどうりが楽なのよ 美智子のことだってそう上皇付きの職員に宮内庁も物言える環境出ないのでしょう
    上皇付きの職員は今まで長官だから 今の長官は偉くなったもんだなぐらい言われて 強く言えない首にもできないから職員多いんでない?
    あ〜話しズレた 結局何も変える気ないのよ
    話しあったふりだけよ 変わらん変わらん

  • 未だに週刊誌で世論形成出来ると思ってるんだ。
    今や新聞や、週刊誌が、ネットやSNSの論調を後追いで記事にしてるけど?
    平成時代は、皿女帝がカネのチカラや、お茶会人脈で、雅子様、愛子様の悪口を書かせ、秋篠宮やキコヒの悪行を握り潰して来ただけでしょ。
    令和になって、へんな圧力無くなったから、サイレントマジョリティーの声がようやく表に出てきただけ。
    すなわち、今上のお子様である敬宮愛子内親王殿下が、皇太子となられるのが、筋。

  • 安倍は何考えてるんだろう。
    己が死んだ後の皇室のことは心配ご無用。
    それなら今国民の意見を聞く方が明らかに賢い。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。