女性・女系天皇論

「女性天皇を認めるべき」ケント・ギルバード氏が“断言” 皇位継承問題に重要な提言

文/一条あやか

右往左往する保守

皇統の行く末は日本を左右する。男性皇族が極端に減った中、皇統は存続の危機に瀕している。

さらに、もし悠仁さまが結婚できなかったり、できても男子のお子さまに恵まれなければ、その時点で皇統断絶が確定する。それが白黒決着つくのは20年後であり、その頃には悠仁さましか皇族がいなくなる恐れもある。

現皇室の国民からの支持は高く、皇統を絶やすことなく何とか存続させたいというのは国民の総意に叶うだろう。だが、どのような対策をとるのかについては未だ国民のコンセンサスは取れていないようだ。

[adsense]

女性宮家・女性天皇・女系天皇・旧宮家復帰

皇統を維持していくうえで最も容易な解決方法は、いまの女性皇族方に活躍してもらうことだ。現行の皇室典範に従えば、未婚の女性皇族は結婚すれば皇籍を離れ一般国民に降嫁することになっている。

降嫁されれば一般国民と同じなのだから、公務などにつくことはできない(準公務的性格の役職に就くことはままみられる)。報道でも「さま」付けから「さん」付けにかわる。

よって結婚後も皇室に残っていただくために、愛子さまや佳子さまが当主になる「女性宮家」を創設し、来るべき時に備えるのが最も穏当な解決方法の一つだ。もちろんこれだけでは皇統の安定的持続を達成することは困難であり、女性天皇・女系天皇・旧宮家復帰のいずれかの解決策を採用しなければならないだろう。

安倍政権の本命案は?

皇統維持のための「女性宮家」「女性天皇」「女系天皇」「旧宮家復帰」いずれの案も決定打を欠く状況にある。小室圭さんの登場と共に「女性宮家」の創設は困難となった。というのも、眞子さまと結婚された小室圭さんまで皇族になってしまうからだ。これに納得できる国民は少ないだろう。

国民の八割は「女性天皇」(端的に言えば愛子天皇)の誕生に好意的であるのだが、保守勢力は「女性天皇を認めることは女系天皇に繋がる」として猛反発している。奇しくも安倍政権は保守的な立場であるため、国民の八割から支持を受ける女性天皇が法的に容認される可能性は低い。

女性皇族の活躍に警戒をあらわす保守は「旧宮家の皇籍復帰」を推す。だがこれもまた具体性に乏しく実行できる可能性は低い。なにしろどの皇族に復帰してもらうのかすら議論が進んでいない。また国民の多くは、現皇室の「血筋」を尊崇しているのではなく、その「人となり」を尊崇している人がほとんどだ、ゆえに見たことも聞いたこともない旧皇族が復帰することには強い抵抗感があり、大手メディアのアンケートでも支持率が過半数を超えることは稀である。

それでは安倍政権の本命案は何なのか? 官邸消息筋は次のように現状を語る。

「実は安倍首相は保守派から支持を得ている以上、女性天皇・女系天皇を推すことはないでしょう。また、講演会などでは旧宮家復帰を主張することもあるようですが、これはリップサービスに過ぎず、実行する気はありません。そのことは保守派の方々もよく承知です。波風を立てたくない安倍首相としては、小室圭さんと眞子さまの結婚問題が片付いてから『女性宮家』を創設して問題を先送りするつもりでしょう」(官邸消息筋)

[adsense]

保守界隈から女性天皇容認論も

男女平等の観点からすれば皇位に性差を設けるに国民の反発心は強い。ここのところは自民党の政治家までもが女性天皇・女系天皇を容認することがある。保守派はこのような動きに猛反発しているが、必ずしもその足並みはそろっていないようだ。

保守系の論客として名高いケント・ギルバード氏は、『WiLL』2020年2月号のなかで、小林よしのり氏と対談し、次ように述べている。

ケント 歴史上、女性天皇は八人十代いました。女系ではなく女性天皇なら認めてもいいと思います。

ケント氏は皇室関連の著作も多く、保守界隈での影響力は大きい、これまで保守派、女性天皇の容認は女系天皇への布石となるため、頑なに女性天皇を否定しようとしてきた。だがその足並みはそろっておらず、一歩妥協したと言える。

冷静に考えれば、歴史を振り返れば、たしかに女性天皇は例外的存在であったが、禁じられているわけではなかった。これが禁じられている現在の皇室典範は、古代・中世以上に男女差別を容認していると言えるだろう。

POSTED COMMENT

  1. 匿名 より:

    帝王教育を受けていない秋篠宮家が天皇になるのは反対です。天皇である両親のお姿を見ている敬宮愛子様しか次期天皇はいないと思います。自分の家族も纏められず、子供たちは裏口入学、我儘、贅沢、罰則付き報道規制… とても尊敬出来るはずがありません。保守派の人たちは紀子さんや川嶋一族の思想、出自など気にしないのでしょうか?

  2. 1国民 より:

    昭和、平成、そして令和と国民の象徴とする天皇皇后両陛下を、日本人として誇りに思っています。
    その様ななか、平成から令和へと段々開かれた皇室と言われ、今天皇皇后様は尚一層 国民に寄り添われ、
    又国民も敬愛は勿論、失礼と思いますが親しみを感じます。
    血筋(男系男子)には、敬愛とか親しみには何の感情もありません、血筋ならどのようなお人柄でも良いとは思えません。
    今天皇皇后様はお人柄、人間性に尊崇を感じますし、国民の象徴、又日本人として誇りに思います。
    天皇皇后両陛下の直系で、立派な敬宮愛子様がいらっしゃいます、男系男子に拘る事は無いと思います。

  3. 匿名 より:

    直径長子で繋ぎ、そのあとで傍宮家の悠仁様…でもよいのでは? 基本は一宮家に過ぎない方なのですから…
    教育面、為人がわからない方に象徴として存在するだけの位置にいないと思います。

  4. 匿名 より:

    19世紀江戸時代の最後の女帝後桜町天皇は英邁な女帝として知られ、弟桃園天皇の子後桃園天皇に適切な帝王教育を施したと言われています。
    この史実からみても今上天皇より帝王教育を直に受けることができる敬宮愛子様が先ず継承し、その後悠仁様又は悠仁様の長男に愛子様が帝王教育を施し皇位を譲るということもあり得ると思います。
    私は女系天皇に賛成の立場ですので、愛子天皇のお子様が即位されても全く問題ないと思っていますが、その場合お相手選びとその方の地位をどうするかが難しい点と思います。
    旧宮家あるいは皇別摂家にふさわしい方がいらっしゃれば一番よいかと思いますが。
    これが実現すれば秋篠宮家はそのまま存続でき、将来の皇統の危機に備えることが可能となります。
    要するに側室制度をなくした以上、皇室は双系継承を採用しない限り永続できないと考えます。

  5. 匿名 より:

    女系天皇さえ出さなければ良いとは思うがまともな教育を受けてない国民があまりにも多いから女系と女性天皇の違いも分かってないからそれは危険だしやるべきではない。旧宮家に戻ってもらうしかない。



  6. 匿名 より:

    その為に今更遅いかも…悠仁君に帝王学と立派な侍従を付けて教育させる事です。秋篠夫妻に一切口出し差せず厳しく躾をする必要が有ります。今迄自由奔放に育てられて大変ですけど、帝王学を学ぶ事が出来なければ愛子親王に譲る事ですね

  7. 匿名 より:

    側室なしで男系男子では、断絶の時が早くなるのは生物学的に当然のこと。旧皇族でも断絶しているところも多い。たとえ旧宮家を戻しても同じこと。そもそも旧宮家だって、必ず男児を産む嫁を貰うなんて無理。

    現在、男系男子を貫くことごできる世界の王家は、第二夫人や第三夫人を持っても良いところだけだ。ヨーロッパは女王や女系の王様も認めるように変えている。

    男系女性天皇、女系天皇も血筋としては正しいのだから受け入れていかないと、天皇家の断絶は早まるだけだ。

    悠仁様の後ではなく、今、直系長子の愛子様に変えたほうが国民も納得できる。秋篠宮は天皇になる心構えが無いし、悠仁様は誰からも帝王学を学べていない。今後も無理だろう。

  8. 匿名 より:

    こちらのブログは中断でしょうか?
    一度、是々非々さんとのコラボありましたが、
    その後尻すぼみなのはなぜ?

  9. 匿名 より:

    秋篠宮鬼子一族に、皇位が移るなら天皇制は廃止ですね。天皇皇后様から、直系で純血日本人の優秀な愛子様が天皇へ、直系の男女関係無く第一子が天皇へと、続きますよう願っています。謝礼付き見学や鑑賞公務の見直しで宮家廃止。経済が低迷する中、血税食いの皇族費の見直しや、収支決算の開示を願います。 削除?

  10. 匿名 より:

    皇室を離れて一般人になりたい!
    いままで国の税金学校や食べてきて寝言ふかすなって言いたい!一般人は子供を育てるのに大変な苦労しているんです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。