小室圭さんのおかげで「愛子天皇」への期待が過半数に!(宮本タケロウ)

文/宮本タケロウ

産経新聞のビックリ

本日(2019年5月14日)、女性・女系天皇に関する世論調査が産経新聞で発表されました(記事を書いたのは男系派論客の阿比留瑠比記者)。新天皇即位後初となる女系天皇に関する世論調査です。

これによると、女系天皇への賛成が64.2%で、反対が26.0%という結果となり、男系派筆頭メディアである産経新聞社の調査でも愛子天皇への期待が多数派であることが明らかになりました。

また、最近あまり問われてこなかった「国民は女系天皇と女性天皇の違いを理解しているか?」「旧宮家の復帰に国民は賛成か?」も調査にでています。今回はこれをあくまで冷静に分析したいと思います。(以下からは小数点を四捨五入して記述します)

小室圭さんでゴタゴタの秋篠宮家よりも、愛子さま!

2019年5月産経新聞・FNN合同世論調査(2019年5月14日付産経新聞)

  • 女系天皇に賛成:64%
  • 女系天皇に反対:21%
  • わからない:14%

産経新聞に堂々と女系天皇賛成派が6割以上を占めたことは驚きです。

ある意味で、万一、第二の小室圭が現れたら後戻りできない危険性を孕んでいる女系天皇論ですが、それ以上に「小室圭問題でゴタゴタもめる秋篠宮家よりも愛子様へ!」という民意が勝っているのでしょうか。

朝日新聞はどうか?

比較のために朝日新聞の調査も見てみましょう。先月(2019年4月)の朝日新聞調査では以下の結果が出ていました。

2019年4月朝日新聞社全国世論調査(2019年4月18日付朝日新聞)

  • 女系天皇に賛成:74%
  • 女系天皇に反対:21%
  • わからない:5%

朝日と産経を比べますと、朝日(74%)から産経(64%)で女系天皇への賛成が10%ほど減っていることが分かります。10%ですので、誤差と言うには少々開きすぎているかもしれません。

細かいことかもしれませんが、この差はどこから来ているのでしょうか。朝日と産経の質問内容を見ていきましょう。

朝日の調査と産経の調査の違いを細かく分析する

まず、朝日の質問内容です。

「皇室典範により、天皇は、父方に天皇の血を引く、いわゆる「男系」に限られています。もし、女性天皇の子どもが天皇になるとしたら、歴史上初めて、母方だけに天皇の血を引く「女系」の天皇を認めることになります。あなたは、これまでの「男系」を維持する方がよいと思いますか。それとも、「女系」を認めてもよいと思いますか。」

2019年4月18日付朝日新聞より抜粋

これに対し、産経の質問内容はこうです。

「古来より続けてきた男系の伝統を辞めることになる女系天皇に賛成か」

2019年5月14日付産経新聞より

電話での「質問は簡潔にお願いしまぁす!」

朝日は詳細に、産経はシンプルに。日頃から男系派が「国民が女系天皇に賛成なのは女系天皇の意味を分かっていないからだ」という主張をしていますが、どちらかと言えば、女系容認派の朝日の方が、男系継承の意義を詳細に説明していることに筆者は驚きました。

が、電話アンケートということを考えますと、電話口で、知らない人から口頭で詳細に説明されても理解が追い付かないということも言えるかもしれません。先ほど筆者自身が口に出して読み上げてみましたら、朝日の質問は28秒かかりましたが、産経は7秒ほどで読み上げることができました。また、産経のほうが「古来より」や「伝統をやめる」という表現が簡潔で、わかりやすく、電話口で話されても内容が伝わってきます。

また、朝日は「女系天皇と女性天皇の違い」について質問をしていませんが、産経は女系・女性天皇の賛否を聞く前に、前提として「女性天皇と女系天皇の違いをどの程度理解しているか」とインタビュイー(取材された人)の理解度を問うています。

これらの質問の相違点により、朝日の「女系天皇賛成」の10%が産経の「わからない」に流れたのだろうと推測します。

女性天皇と女系天皇の違い「理解せず」過半数

冒頭に述べた通り、調査では「女性天皇と女系天皇の違い」についても国民理解が明らかになりました。

≪女性天皇と女系天皇の違いをどの程度理解しているか≫

  • よく理解している:11%
  • ある程度理解している:33%
  • あまり理解していない:32%
  • まったく理解していない:20%
  • その他:4%

まとめると、「理解している」が44%で、「理解していない」が52%です。

産経の政治部長、阿比留瑠比記者の見解

この記事を書いた阿比留瑠比(あびるるい)記者は保守論壇で有名な男系派論者ですから、この「国民が女性・女系天皇の違いを理解していない」点を指摘するのも忘れません。

女性天皇と女系天皇の違いに関しては「理解していない」との回答が過半数で、問題の所在はまだ国民に十分周知されていない。

(中略)

今回の世論調査結果をみると、女性天皇と女系天皇の区別がよくついていない実態が浮き上がる。こうした理解の浅さや、過去(小泉政権下、筆者注)に女性・女系天皇容認論が後退した経緯が忘れられたことも、調査結果に表れているのだろう。

2019年5月14日産経新聞

女系天皇の議論が始まって15年ほどが経つに至っても「違いを理解していない」国民が多数であることが分かりました。皇室については国民一人ひとりが考えなければならない問題だと思いますので、この結果は筆者としては非常に残念です。

国民の総意、民主主義とは

女性・女系天皇の違いを理解していない国民が多数であることについて、男系派は「違いが分かれば国民は女系に反対する」と主張します。しかしながら、「女系反対」が21%で「違いを理解している」が44%であることを考えると、仮に違いを理解していても、その半分強は「女系賛成」という結論になるということになります。

また、もう少し突っ込みますと、15年前から続いている議論にも関わらず、「違いを理解しない」が過半数なわけですから、どれだけ説明しても、違いを理解しない、違いなんかどうでもいい、という人たちもいるでしょう。そうした「どうでもいい」意見も立派な民意ではないでしょうか。

憲法第1条に天皇の地位が「主権の存する日本国民の総意に基く」とされている以上、「違いが分かる男」だけで皇室が支えられているわけではありません。

これは「小室クンの良さは私だけには分かるの」と眞子さまが思っていたとしても、眞子さまと小室さんだけの皇室ではないというということと同じです。

4 件のコメント

  • 女性天皇賛成は女系天皇よりも多くて、80%前後ですよね。この結果は、今上天皇の実子、直系の愛子天皇を切望している方がほとんどで、眞子天皇や佳子天皇は誰も望んでいないのが本当のところでしょうね。

  • 愛子さまは女系ではないですから前例ありです。愛子さまで問題はないと思うんですがね。そもそも側室ありだって男系のみで繋ぐのは賭けみたいなものですよ。明治天皇には側室の女官たちがいましたが成長した男児はのち大正天皇になった嘉仁親王ただ一人ですよ…。

  • 男系、女系などとでいったところで、歴史をひとたび紐解けば、ゴチャゴチャでしょう。ごちゃごちゃたデシヨヨ

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。