悠仁さま担当の「警察署長」が更迭! 秋篠宮さま「疑心暗鬼」の内実

皇位継承議論と悠仁さまの教育問題

安定的な皇位継承の在り方をめぐる政府の動きが今秋以降、本格化するとみられている。この議論に関しては、平成29年6月に成立した成立の退位特例法の付帯決議が政府に対し「安定的な皇位継承を確保するための諸課題」などを速やかに検討することを求めている。

現在、政府は「政府は安定的な皇位継承策の検討にあたり、現在の皇位継承順位を変更しないことを前提とする」方針を固めており、現政府における議論においては、女性・女系天皇は容認せず、次の世代の天皇として秋篠宮家の長男悠仁さまが皇位を継承されることがほぼ確実な状況となっている。

このような状況で現在秋篠宮ご夫妻は、将来天皇となられる悠仁さまの教育に極めて熱心に取り組まれているようだ。ある皇室ジャーナリストは次のように語る。

「現在、一部週刊誌報道等で不仲説も囁かれる秋篠宮ご夫妻ですが、悠仁さまの教育と安全を第一に優先するという点では、ご夫妻の意思は一致しているようです。最近では、娘の眞子さまや佳子さまとご一緒になる機会の少ない秋篠宮殿下も、ブータン訪問時も含め悠仁さまとはとても長い時間をご一緒に過ごされています(皇室ジャーナリスト)

また、紀子さまがお誕生日に発表した文書においても、悠仁さまの近況に関しては、非常にイキイキとした筆致で書かれており、悠仁さまに対して特別な期待をかけられていることが伺われた。

愛情と期待の暴走か?警察署長左遷事件

このようにご夫妻は悠仁さまに対して、特別な期待と愛情を込めて接しておられるようだが、時に、その深すぎる愛情が暴走し、問題を引き起こすこともあるようだ。

実は、悠仁さまの通われるお茶の水女子大附属中学を所轄する大塚署の署長を務めていた長坂啓一郎氏が、九月二日付で警視庁総務部理事官・聴聞官に異動となった。歴代の署長はその後退職するか、本庁の課長職に就くのが通例であり、一年半で聴聞官に異動というのは極めて異例であるそうだ。

この異例の人事の背景には主に二つの原因が考えられるという。ある皇室関係者は次のように語る。

「大塚署といえば悠仁さまの通われるお茶の水女子大附属中学を所轄している署でもあります。今回の人事は、事実上の左遷人事とみなされていますが、このような異例の人事が行われた最大の理由の一つとして、悠仁さまの刃物事件時の長坂氏の対応に問題があったようです」(皇室関係者)

刃物事件というのは、もちろん4月に発生した、お茶の水女子大学付属中で悠仁さまの机に刃物2本が置かれた事件のことであるが、この事件の発覚直後、本来であれば、速やかに署長から本庁の刑事部、さらに皇室の警護を担当する警備部や公安部にも連絡すべきであったところを、長坂氏が『ちょっと待て』と即座に報告をあげるのをためらったため、連絡が遅れたようだ。

この連絡の遅れが後になって紀子さまを激怒させることになったという。

「この報告の遅れは、後に極めて重大な事態をもたらしました。事件が発生した日の午後は、悠仁さまが長野にスキー旅行へ出かけるご予定だったのですが、悠仁さまの学校からの帰宅時にも警察から事件の連絡がなかった秋篠宮家は、このような事件が発生したにも関わらず当日の午後に悠仁さまを長野へスキー旅行へと出かけさせてしまったのです。

日本中を騒がせた重大事件が発生した当日に、悠仁さまをお一人で旅行に出かけさせるという非常識な対応から、秋篠宮ご夫妻は大変な批判を浴びることとなりました。後に、紀子さまは事件の報告を遅れさせた長坂氏に激怒したそうです。

関係者の間では、長坂氏の左遷人事の裏には紀子さまの圧力があったのではないかと噂されています(前出の皇室関係者)

秋篠宮殿下もお怒りに

また、この長坂氏に対する左遷人事に関して、秋篠宮殿下も強く反対することはなかったという。

「本来であれば、皇族である紀子さまが警察の人事に口出しすることなど当然あってはなりません。仮にこのような紀子さまの圧力が事実であるとしたら秋篠宮殿下は全力で紀子さまを止めるべきだったでしょう」(同前)

しかし、秋篠宮殿下が何かしらの対応を取ることはなかったという。

「むしろ、秋篠宮殿下も長坂氏の左遷に関しては、積極的に賛成しているようですらありました。これまで、秋篠宮殿下は、周囲の人間に疑いや不信感を抱いては、多くの職員を次々に休職や辞職に追い込んだのではないか、と噂されています。

ですが、今回の事件をきっかけに“秋篠宮ご夫妻がついに宮内庁や皇嗣職以外の外部の官僚や警察人事にまで介入しようとしているのではないか?”と関係者は戦々恐々の思いでことの様子を見守っているようです(同前)

わざわざ言うまでもないが、大塚署の警察や職員は、市民の安心や安全を守るために日々働いているのであって、決して悠仁さまを守るための私的警備員などでは断じてない。

よって、どのような理由があろうと秋篠宮家が署の警察人事に関して介入ことなど許されるはずはない。このような基本的な問題について、ご夫妻がお考え違いをなさっていないことを願うばかりである。

[blogcard url=”https://kikunomon.news/article/41987″]

20 件のコメント

  • 愛情?この夫婦が生き残る蜘蛛の糸の先にヒサ坊がいるだけでしょう。

    上皇がご崩御されたらびちこさんの権威も衰えていくだろうし、必死になって益々あくどい奸計を考えそう。

    今までのこいつらの悪行が高利回りで悪行主の元に戻りますように。

  • 秋篠宮夫妻は日本の癌。
    しかし、悠仁くんに罪はない。親のエゴで振り回されて、天皇にしたいがための道具にされているようで可哀想に思う。

  • お考え違いもなにも
    元々、考える能力などない
    考える能力があれば今に至っていない
    安倍さんにとっては使い勝手が良いことでしょう。
    あっ 安倍さんも同じ程度かな
    珍回答答弁「募ってはいるが募集はしていない」って漫才かと・・

  • 宮内庁だけではなく、警視庁人事にまでクレーム入れましたか…

    一般人でも子供1人の旅行には出発駅で車両に乗るまで家族が見送り、到着駅に祖父母とかがお迎えに来てもらうって事はあるけど

    報告が遅かろうが早かろうが、そもそも1人で旅行に行かせる事からして間違ってない?
    仁くんは(自称)未来の天皇陛下なんでしょw

  • 貴方のせいで、優秀な警察官が
    人生まで狂わされてしまったね、きっと!
    貴方が居なくなれば良いだけ。
    早く家族全員で皇族離脱して!

  • 今更だけど、秋篠宮がなぜ皇嗣なのだろう。
    文中に出ている退位特例法には皇嗣が秋篠宮とは書かれていないよね。
    「天皇の退位に伴い皇嗣となった皇族に関しては」って出てても、秋篠宮っては出てないんだけど。

  • いい加減、秋篠宮一家は皇室から消えて頂けませんか?あなた達が存在するから、不幸になる日本人が増えてる。さっさと母国に帰って下さい。

  • 本当は学習院に入れれば良いのに自分達と一緒に馬鹿さ嗅げんがばれる事が嫌だったのですね。警備なれしてると思ってるので、ICUに行っても学校のレベルを下げただけ、佳子は3年に進級できないので1年から入り直しても其なりに…悠仁はどの手を使って何処に行くのかな彼の身の丈の学校にしてね。可哀想ですよ。貴方達の子供ですから期待しないようにねそして回りの方達に迷惑掛けないように頭悪いと何も考えずに行動するのね

  • 学生の身でありながら通常の登校日にスキー?
    ここの宮家の人達は不思議な事ばかりなさいますね
    きっといろいろ隠れてやりたい事や隠しておきたい秘密がお有りなんだろうとは思うけど

  • 秋篠宮家は私には尊敬どころかストレスしか感じない、テレビにでてきたらチャンネルをすぐに変える。
    日本国民の8割は様々な機関の世論調査で天皇家の敬宮愛子様を認めている。
    しかし、安倍首相は8割の民意など気にもせず、秋篠宮家の立皇嗣の礼を4月に行なう。
    これはこの人を首相にした人達の責任。

  • 大塚署長の対応の遅れは問題だと思う
    しかし、本来特別に皇族の警備が配備されている学習院に通わせない事が一番の要因だ思う

  • >学生の身でありながら通常の登校日にスキー?

    出席日数とか成績とか関係なく、進学には何も問題がないレールが敷かれている証なのだと思います。
    華族学校の歴史を踏まえ皇族方を受け入れてきた学習院だからこそ、成績などは関係なく進級されることに何の異論も唱えずに国民は受け入れてきたのだと思いますが、同じことが一宮家のわがまま要望だけで、国立の教育機関を舞台に行われていることには疑問を感じます。

  • 記事の最後にあるように、「決して悠仁さまの私的警備をしている訳ではない」、ごもっとも。

    秋篠宮家の活動費で私的ボディガードをつけるべき。所轄の住民を守る警察官に、忖度をさせるべきではない。

  • おい秋篠宮家、天照大神の字もまともに読めない馬鹿か警察署内部の人事迄介入するとは何事か事件が解決出来ないよ馬鹿それよりもり立皇嗣の礼とやらを辞退しなさい、天照大神も読めない馬鹿が恥を知れ。

  • お門違いもはなただしい!秋篠宮家全員いなくなれ!そのほうが日本国は安寧と安泰する。消えていなくなれ!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。