未分類

紀子さま「悠仁さまスパルタ教育」の恐怖 「自由を重んじる教育」を後悔

文/編集部(2019.8)

強まる秋篠宮家批判と紀子さまの苦悩の

眞子さまと小室圭さんとの結婚問題をきっかけとして、現在週刊誌等で秋篠宮家へのバッシングが強まっている。

ある皇室ジャーナリストは次のように述べる。

「当初は、眞子さまと小室圭さんとの結婚問題をきっかけに世間の批判が強まりました。

ですが、その後、結婚に対して反対する世論の声が強まる中で、一向に結婚問題を解決出来ない秋篠宮ご夫妻や、“結婚においては当人の気持ちが重要であると考えています”と文書で言及し、眞子さまの結婚を応援した佳子さまに対しても批判が起こったのです」(皇室ジャーナリスト)

インターネットや週刊誌等のメディアで批判が秋篠宮家への批判が強まっているが、そのことについては、もちろん秋篠宮家の人々も当然知っているようである。

「特に、紀子さまのなどはインターネットなどでの批判を敏感に察知し、大変気に病んでいるようです」(前出の皇室ジャーナリスト)

また、新天皇の即位後には、新しい皇后陛下として雅子さまが絶大な人気を得たことも、秋篠宮家への批判が強まったことと、関係しているようだ。

[adsense]

秋篠宮家の自由を重視する教育に後悔?

これまで秋篠宮ご夫妻は、私的な事柄に関しては、自主性を重んじる教育を施されてこられた。

しかし、激しさを増していく現在の秋篠宮家へのバッシングを目の当たりにして、そのような教育方針が果たして本当に正しかったのか、と紀子さまは悩みを感じているそうだ。

ある皇室関係者は次のように述べる。

「現在、真子さまは自分の愛する婚約者である小室圭さんとの結婚を世間の反対を押し切ってまで進めようとしており、佳子さまは、通常の定職には就かずに、数の多くない公務をこなすこと以外には、ダンスなどご自身の趣味に没頭しております。

世間から批判を受けてはいますが、 これらの姉妹の振る舞いも、まさに“自主性を重んじた結果”とも言うことが出来るでしょう。

そのことから、現在紀子さまは“果たして本当に自分たちの教育方針は正しかったのか?”と疑問や後悔の言葉を口にすることもあります」(皇室関係者)

[adsense]

皇族の人々の自由と世間からの期待

これまで、基本的には「皇族であっても日本国憲法で認めれた様々な権利を出来る限り尊重すべきだ」というリベラルな意見が強かった。

しかし、現在の秋篠宮家の眞子さまと佳子さまの問題は、やはり、皇族として国民から期待された役割をこなし、国民から求められるように振舞うことと、一個人として自由に振る舞うこととの間に大きなギャップが存在するという事実を浮き彫りにした。

皇室問題に詳しいある専門家は次のように語る。

「おそらく、今後は、これまでの一方的に皇族の人々の自由と権利を重視していくべきだとされた議論から、日本国憲法で認められている権利と、皇族の方々が国民から求められる役割の間で如何にバランスをとっていくべきか?議論へと問題は移っていくでしょう。」(専門家)

現在、新しい観点からあらためて皇室のありかたを見直すべき時期が来ているようである。

[adsense]

悠仁さまはスパルタ教育へ?

また、今回の問題は、悠仁さまの教育に関しても大きな転換点となるかもしれない。先の皇室関係者は悠仁さまへの教育方針に関して次のように語る。

「これまで、悠仁さまも眞子さまや佳子さま同様に、自由を重視してのびのびと勉学に励める環境作りを紀子さまも心がけてきたようです。

ですが、やはり、将来の天皇として重責について考え、同時に自由ばかりを重視することが本当に正しい教育あり方なのか?ということに疑問を抱いたことから、勉学等に関してもより厳しく行わせています。悠仁さまご自身ももともと非常に向学心が強く、熱心な教育の成果もあって、最近では、成績も急激に上昇しているようです。

教育方針の転換と同時に、悠仁さまご自身も中等部への進学以降、将来の天皇になるということを自覚し、大変な重責を感じながら非常に勉学に励んでいるのでしょう」(前出の皇室関係者)

どうやら、悠仁さまもご自身の将来を見据え、天皇として相応しい人格や能力を形成すべく勉学に励み、様々なご経験を積まれているようである。頼もしい限りだ。

POSTED COMMENT

  1. REIWA より:

    >現在紀子さまは“果たして本当に自分たちの教育方針は正しかったのか?”と疑問や後悔の言葉を口にすることもあります」

    あなた方の正しい事は何一つございません。
    一家揃って皇室から出て行けば唯一正しい事ですが?

  2. 匿名 より:

    早くうそをつくのは止めましょう。

    悠仁くんは、ADH○と長~くお付き合いしないといけませんから

  3. 匿名 より:

    シサシトさま(東京人は ひ の発音苦手)
    国民は期待などしていませんから
    お母さまの言う事には思いっきり反抗なさっても良いのですよ
    態度で反抗してみては如何ですか
    お父さまは味方になってくれるでしょう

    安倍さんも政局が怪しくなってくると、保身のために秋篠宮家擁護を止める
    ことを考えるでしょうから どのような立場になっても いいように
    自分の為のお勉強をされてはいかがでしょうか

  4. 匿名 より:

    自由を重視した?フツーにネグレクト。うちのママ、こんなんじゃなくて良かった。

  5. 匿名 より:

    自由を履き違えてるから。



  6. うどん より:

    やはり、悠仁様には、天皇はムリです。早い皇嗣辞退と皇籍離脱を希望します。

  7. 匿名 より:

    自主性を重んじる教育方針でも、賢く立派な人柄に育てることはできる。

    ウソつき、卑怯な言動ばかりの貴方。貴方御夫婦にはできなかったというだけ。

  8. ラバグルト より:

    第1に、せいろ様が宮家に嫁入りしたのが最大の間違い。

    今なら間に合います、立皇嗣を辞退して、ご一家で皇籍離脱して下さい。

  9. 匿名 より:

    悠仁様が「非常に向学心が強い」?どう考えても受け身でしょ。ブータンの様子を見るだけでも、世の中の事象や世界情勢、外国の文化等全くご興味ないように思いますよ。苦しい、苦しい。

  10. 匿名 より:

    なんだかね┐( ̄ヘ ̄)┌
    本当に向学心があったりするのなら、ブータンであんな対応はしていない。

    母親離れしていないんじゃないのでしょうか?

    仮に今から学習院高等科や東京農大第一高を目指すとしても相当死にもの狂いで勉強しないとマズいのでは?
    (東京農大第一の偏差値は不明ですが、学習院高等科はあるサイトでは70でした)



  11. 匿名 より:

    6歳で始めていなければ伝統違反になる論語素読を、悠仁君はいまだに開始できずにいます。

    これは伝統への反逆ではなく、素読するだけの学力、知能指数がないと言えるのではないでしょうか。

    陛下は東大教授について学ばれたとのことです。
    悠仁が、もしも健常児でどこに出しても恥ずかしくない親王ならば、論語素読を開始しないという選択肢はあり得ないでしょう。
    とくに『スパルタ教育』を売りに、帝王学たたき込みに耐えられるだけの能力のある子ならば、論語素読は格好の健常児アピールになったでしょうからね。

  12. 匿名 より:

    首のアザは何なんでしょう?あれだけの跡が残るって
    余程ですよ。職員のせいにしてるらしいけど、もう
    中学生ですよね 自己責任ですよ。
    それも出来ない発達状態なら天皇なんて無理です。
    何でも職員のせいにする紀子さん。
    それならお礼付き公務は止めて、
    自分で24時間見張って下さいな。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。