眞子さま「結婚のハードル」を全て踏み倒して「強行」へ 国民よりも小室圭

2月に迫った眞子さまご結婚延期の期限。何らかの発表がされる見通しだが…。問題点を振り返り、今後の見通しを検討したい。

文/編集部(2018.8)

国民の納得を得られない眞子さまの結婚問題

多くの国民の関心を引きながら、一向に進展を見せることが無い眞子さまと小室圭さんの結婚問題。

現在、小室圭さんは大学の夏休み期間のため寮が使用できず、知人宅で過ごしているという。ある皇室関係記者は、小室圭さんの現在の状況に関して次のように語る。

「米・ニューヨークに留学中の小室圭さんですが、9月の授業再開までは夏休み期間中で寮が使用できません。現在はアメリカに住む知人宅に身を寄せているそうでが、金銭的には相当逼迫しているのではないでしょうか」(皇室関係者)

小室圭さんの母親と元婚約者の借金問題に関しては、「なんで、解決できないのだ!?」といった疑問の声も多く聞かれるが、単純に400万円の借金返済資金を用意できないほどに経済的に逼迫している可能性が高い。

結婚問題と今後の進展見通し

小室圭さんの問題に関して、今年6月の北欧訪問前の会見で秋篠宮ご夫妻が揃って、眞子さまの結婚についての質問に「娘から話を聞いておりません」と答えたことは記憶に新しい。

先の見えない問題に関して、のらりくらりと質問を躱したカタチだが、今後再びこの問題に関してターニングポイントが訪れるという。先の記者は今後の見通しに関して次のように語る。

「注目のポイントは、9月11日の紀子さまのお誕生日、そして、今後小室圭さんが行う可能性のある記者会見です」(同関係者)

紀子さまのお誕生日

紀子さまは、皇太子妃と同格である“皇嗣妃”になられたことで、今年9月11日のお誕生日から、記者からの質問に文書で回答されることになった。

「6月の北欧訪問前の会見では、“娘から話を聞いておりません”という秋篠宮殿下の発言に同調するに止まりましたが、9月のお誕生日の文書での回答では、記者からの質問に対してより踏み込んだ見解を示されることが予想されております。

また、紀子さまは世論の動向を注意深く観察し、気にかけている様子ですから、前回の会見と同様の失態により、国民から更なる失望を買うことはなんとしても避けたいとお考えでしょう」(同関係者)

破談か、それとも結婚なのか――。紀子さまの率直な本心を聴くことのできる、またとない機会となるかもしれない。

小室圭さんの会見

アメリカ留学以降、メディアの前に姿を表す機会の激減した小室圭さんだが、今後、国民からの納得と理解を求めて記者会見を行う可能性があるという。

ある皇室ジャーナリストは次のように語る。

「今年1月に、小室さんは金銭トラブルについて〈解決済み〉と主張する文書を発表しましたが、到底国民を納得させられる内容ではありませんでした。

今後、元婚約者との和解が進んだ場合には、今度は小室圭さん本人が会見を開き、納得と理解を得られるよう自身の言葉で国民に語りかける機会を設けるかもしれません」(皇室ジャーナリスト)

国民の納得を得るためのハードルは高い?

週刊誌などの報道によると、今後紀子さまの文書での回答や、小室圭さんが行う会見の内容によっては、事態が一気に進展する可能性もあると一様に指摘されている。

しかし、国民の多くは、これまでの小室圭さんの不誠実な振る舞いを目にしており、到底「二人の結婚を祝福」とは程遠い状況にある。

また、国民の側やメディアから散々、「小室圭さん本人の見解を聴きたい」といった要望があったにも関わらず、メディアの取材から逃げ回り続けており、仮に今後記者会見を開いて誠意を見せようとしても、「今さま何を?」といった感覚で迎えられることは間違いない。

さらに、借金問題を解決出来たとしても、「1億5千万円の一時金目当ての結婚ではないか?」という不信感も根強く残っている。

一部メディアでは、結婚を歓迎する論調も見られるものの、具体的な問題解決に向けては何も事態は進展しておらず、国民の理解と祝福を得て結婚へ至るには、今なお、高いハードルが残っているのが現実である。

眞子さまに結婚の意思が固いならば、そのハードルをすべて倒してでも結婚するのかもしれない。

記者たちの後日談

事後報告になりますが、紀子さまは誕生日には文章のみを発表。特に結婚について言及されることはありませんでした。

その後、秋篠宮殿下誕生日会見で、眞子さまの結婚に触れましたよね。重要な点は次の3つ。

❶眞子さまとの会話はなく、結婚についてもも話し合っていない。
❷秋篠宮家から小室家に連絡を取っていない。
❸延期の期限を迎える2020年2月までに何らか発表をするように眞子さまを促す。

間もなく2月を迎えますがどうなるのでしょうか?

宮内庁および秋篠宮ご夫妻は、眞子さまのお気持ちを尊重すると述べています。ただ、皇室の正式な儀式を経て結婚するならば、眞子さまの意思だけはどうしようもなく、ご両親の「認可」が必要になります。

もちろんご両親の「認可」を得るためには、国民の理解と祝福を得る必要があり、佳代さんが起こしている金銭トラブルの解決はその前提条件となります。

しかし、金銭トラブルは全く解決しておらず、国民感情も眞子さまに同情的は言えません。どうなるのでしょうか?

まさに眞子さまのお気持ち次第となるでしょう。

結婚を強行される場合には、先に皇籍離脱し、一時金の受け取りを辞退したうえで結婚されるでしょう。ですが国民の期待を裏切っての結婚となりますから、眞子さまのみならず、それを統御できなかった秋篠宮家も逆風にさらされることになるでしょう。

ですが多くの関係者・メディアは「結婚強行」されるだろうと予想しています。

もちろん再延期の可能性もありますが、金銭トラブルが解決する目途がたたないまま再延期しても…という気持ちはあります。

破談となれば、小室圭さんへの慰謝料が問題なるでしょうが、国民感情がそれを許すとは思えません。

いずれの選択肢になっても眞子さま、秋篠宮家には「試練の一年」となりそうです。

国民の一人として緊張感をもって見守りたいと思います。

[blogcard url=”https://kikunomon.news/article/36918″]

16 件のコメント

  • 皇族を離脱すれば何でも出来るのでは。
    皇族利権もお金も自分勝手も全部とはいかないよ!
    ただ一般人でお金もないと、ジゴロ圭はどうするかね?

  • たとえ元婚約者と和解に至ったとしても、自身の結婚費用は誰が用意するんですか?こちらも税金もちとなるなら、絶対に許されません。

  • やはり2月に何らかの発表が必要と秋篠宮は言い切った以上、我々は当然、破棄破談に向けてという前提の発表であると認識しているそう望んでいる人達も大勢の気持ちでもある曰く付きのコムロはダメですよ借金も貸した相手は善意でカネを工面してくれたのだからその善意を平気で踏み倒すカヨ癌は人で無しである、そういう身勝手な薄情な家族がいるコムロに降嫁したいという気持ちになりますねコムロも薄情なカヨ癌の息子だ間違い結婚でもしたら絶対にマコ丼にも薄情な態度とること間違いないその時になって初めてコムロの本性が分かる分かった時には既に遅し騙されたと目が醒めるだろう今はコムロ持参金、皇室親族、利権特権欲しさにネコかぶりをして美味しい言葉のシャワーをマコさんに撒き散らしてるだけだ釣った大きな魚にはエサはやらないねよく覚えておけ

  • 仮に一億五千万を、もらったとしても、東京かニューヨークに、小さなマンション買ったら、それだけで無くなるでしょ。

  • それだけ国民に楯突き感謝の気持ちも全く持てないのなら結婚の意思を発表した直後に速やかな皇族の身分と特権の剥奪をするとあらかじめバカ娘に申し渡すべきだ。何を何時までも甘やかすにも程がある。こるだけ皇室と皇族の値打ちをズタズタにしたのに罪を負わせろ!アンドリュー王子は王室の尊厳に泥を塗った理由で身分も特権も失わされた。日本皇室は甘すぎる。
    とっくの昔にそう説得すべきなのに娘とは話していないと堂々と言う欠陥皇族が将来の天皇皇后?資格なし!

  • 小室と結婚したいと言いいながら、この2年間、ただ、自室に籠って小室と連絡を取り合って頂けで努力したとは、言えません。
    寧ろ国際電話する為に税金の無駄遣いをしていたとしか思えません。
    一般家庭であれば部屋から引き摺り出してでも話し合いをします。
    秋篠宮家の自由な教育とは、間違った教育であり、責任を取り一般揃って皇籍を離脱するしか無いと思います。
    これだけ国民を愚弄した責任は重いと思います。

  • 秋篠宮さんは、一人の父親としも失格です
    自分が悪者になっても、娘を護ろうとする気構えすらみられない
    優柔不断としか言いようがない。
    このような人の宮家など、おとり潰しであるべきです。
    娘の男女交際を甘く見すぎて
    墓穴を掘ってしまった。

  • どうでもいい秋篠宮家の馬鹿者、2年間も国民を翻弄し、自ら何ら発表もなかった国民から祝福?有るわけないだろう馬鹿大体世間知らずにも程度が有ります、とっとと消えて欲しい

  • 此れ以上、皇室というものの
    品格を落とさないで頂きたい
    このまま強行されても幸せになれる確証は
    果たして無いように思われます。
    秋篠宮家は皇族身分を全員で離れて欲しい!

  • 勝手にしろ。秋家は日本国民を愚弄した責任をとってすべての権利を剥奪されるべき。皇室から追放する義務が現在の皇室にはあると思います

  • 小室さんは婚約者ではありませんよね。延期も結婚も慰謝料もあり得ないはず。何故、結婚だの騒いでいるのか。婚約するための会見からはじめてください。結婚はあるの、なんて報道はおかしい。秋篠宮さまも延期していたから何らかの会見?と言いましたが、婚約者ではありませんと宮内庁から発表ありましたよね。婚約者ではない人間が皇室利用して留学したり、眞子さんが税金を小室に渡そうとしたりしているのでただの国賊ですよね。

  • そうです。婚約者じゃありません…勘違いもいいかげんにして欲しいですね
    私に娘がいますが、絶対やれない相手です。働きもせず人を当てにする様な人には結婚を考えられる資格なし。
    国民の汗の税金を分けのわからない使い方は、すぐ辞めて貰いたい。早く宮内庁も破断にするべき!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。